食虫植物の植え替えに向く土、鉢、便利な園芸グッズを解説

食虫植物の育て方

食虫植物をはじめて育てる時、どんな土でどんな道具・鉢に植えたらいいのか迷いますよね。ここでは、食虫植物を15年栽培した中で良かったと思う園芸用土、園芸道具、鉢について解説していきます。

食虫植物はどんな土で育てる?

植物を育てる時には、その植物に向く土があります。基本的には、植物が育っているところの環境に近い土がいいです。

食虫植物は、湿性の酸性土壌に育つために、育てる時も酸性の土に植える必要があります。
酸性を好む植物は食虫植物以外にもあり、たとえば、ツツジやブルーベリーも酸性の土が好きです。

食虫植物の栽培に使う土一覧

では、具体的にどんな土がいいのでしょうか。
ここでは食虫植物栽培によく使われている土をリストアップします。そして、各用土のくわしい説明をしていきたいと思います。

・水苔

・食虫植物の土

・ピートモス

・鹿沼土

・赤玉土

・日向土

・軽石

・ココピート

・パーライト

・バーミキュライト

・富士砂

・ゼオライト

水苔(みずごけ)

食虫植物のどの種類にも向く土といえば、水苔です。

水苔

多くの栽培家が食虫植物の植え替えに水苔を使い、私自身も最も多く水苔を使っています。多くの栽培指南書にも水苔をおすすめしています。やはり水苔は食虫植物との相性がよく、生育が良いです。

はじめて食虫植物の植え替えを行う場合には、とくに水苔がおすすめです。

水苔の使い方

水苔は、食虫植物の他にも、他の園芸植物の土としても使われ、ランの植え込み材料にも使われています。乾燥水苔としてパック詰されて販売されていますので、植え替える時には、使う分だけ取って、水で戻して使います。水苔が戻るのに時間がかかるために、植え替える前に水で戻して用意しておくのがよいでしょう。乾燥水苔を水で戻す際には、消毒を兼ねて、熱湯をかけて十分に冷まして使う手もあります。私自身、この方法を教わって以来、熱湯で戻しています。

水苔の種類と選び方

乾燥水苔にはニュージーランド産、チリ産などがあります。
等級(グレード)の高い、高価な水苔の方が、繊維が長く、木の枝などの不純物・混合物が少なく、傷みにくく使いやすいです。

水苔を使う際の注意点

水苔は傷みやすいです。なぜかと言うと、食虫植物を育てる際に土を過湿にすることが多いからです。そのため、腰水栽培している場合はまめに腰水を交換したり、年に1回は植え替えをしたりして、腐敗を防ぐ必要があります。水苔からドブのような嫌な匂いがした時は傷んでいる可能性が高いので、すぐに植え替えた方がいいです。また、腰水で水が接する高さまで鉢底石を入れて、その上に水苔で植えると傷みにくくなります。植えるときはキツく詰めずに柔らかく植えます。

・腰水をまめに取り換える

・年1回の植え替えが望ましい(腐敗臭を感じたらすぐに!)

・鉢底石を下に敷く

生水苔を使う

販売されている水苔のほとんどは乾燥水苔ですが、生水苔を入手できる場合には、生水苔で植えるのもいいです。乾燥水苔で植えて、鉢の表面の植物の周りにだけ生水苔をのせたところ、食虫植物の生育がよくなりました。もちろん贅沢に生水苔単体で植えるのもよしです。

生水苔
ジャパン蘭土 ニュージー産圧縮水苔AA 150g
●水苔は、湿地に生育するコケの一種で、ランの植え込み材料としては最適で、保水力、通気性、柔らかさ等、理想的です。 ●すぐれたイオン交換特性を持ち、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム等の陽イオンと水素イオンを交換することにより、周囲のPHを整える作用があります。 ●乾燥した後に圧縮したハイグレードなニュージー...

無調整ピートモス

ピートモス
無調整ピートモス

ピートモスは、ミズゴケなどの植物が堆積にして泥炭化したものを乾燥し、細かく砕いた土です。

販売されている食虫植物は、ピートモスで植わっていることが多いです。水を弾いてなかなか吸水してくれないので、吸水に時間をかけるか、もしくは乾燥水苔同様に熱湯をかけると水を吸いやすく、消毒にもなります。

鹿沼土や赤玉土などの砂利系の土で食虫植物を植える時にピートモスも加えると適度に水持ちがよくなって、育てるのによい感じの土になります。配分は、食虫植物の種類と育てる環境によって、調整して変えていきます。販売されているものにはpHを調整されているものもあるため、肥料なし、無調整のピートモスを使います。

ピートモスを使う際の注意点

ピートモスを使う際に水苔のように、あらかじめ湿らせておきます。吸水に時間がかかるので、熱湯もしくはぬるま湯でゆっくりと水を吸わせてから用土に使います。

生水苔1.5リットル入り
三重県産の生水苔。 保水性、通気性、抗菌性に優れる生きた水苔です。各種ラン、食虫植物栽培など、さまざまな植物栽培にご利用いただけます。 苔そのもののを育て鑑賞することもできます。 生水苔は、乾燥ものと違い生きていますので、明るい場所に置き、乾燥しないよう常に湿った状態を保ってください。 生長点は青々(秋から冬の時期はや...

鹿沼土(かぬまつち)

硬質鹿沼土
鹿沼土

砂利系の配合土をつくるときのメインの土に使います。とくに球根(塊茎)モウセンゴケやムシトリスミレ向きでしょう。

鹿沼土は栃木県鹿沼地方で産出される土で、大粒、中粒、小粒、細粒、無選別、硬質細粒などといった種類が販売されています。サツキや多肉植物にも使われています。

食虫植物に向くのは小粒、細粒です。無選別には、粒の大きさが様々入っており、ふるいにかけて、粒の大きさを選別して、勝手のいいように使う方法もあります。

平和 硬質鹿沼土(小粒) 17L
特徴: 硬質鹿沼土のサイズを篩い分けてそろえてあるため使いやすい

赤玉土(あかだまつち)

赤玉土
赤玉土

鹿沼土同様に、盆栽や多肉植物など、様々な植物に使われている園芸用土です。鹿沼土主体の砂利系の配合土をつくるときの、混ぜ込み材料に使います。配合例としては、全体の2〜3割くらい混ぜ込みます。鹿沼土と同じく大粒、中粒、小粒、細粒と選別されて販売されています。
食虫植物には、小粒が向くでしょう。

プロトリーフ 赤玉土(小粒) 5L
●あらゆる植物の基本用土に。 ■栃木県産の良質な赤玉土です。■あらゆる植物の基本用土としてお使いいただけます。●プロトリーフの赤玉土をDCMでは販売しております。その他の園芸用品も多数取扱っております。

ココピート・ココチップ

ヤシの果実の外側の繊維を園芸用土したもので、配合土の混ぜ込み材料に使います。ベラボンと言う名前で商品化されているものもあります。ピートモスと同じような使い方をしますが、ココピートの方が水はけと通気性がいいです。ウツボカズラやサラセニアによく使います。

フジック あく抜きベラボン 4L Sサイズ
ヤシの実のスポンジ状繊維を特殊加工し、水持ち水はけ通気性に優れたコンポストです。

軽石(かるいし)

軽石
軽石

砂利系の配合土をつくるときの、混ぜ込み材料、鉢底石に使います。水はけよく、通気性をよくし、根腐れを防ぎます。

トチミグリーンサービス 焼軽石 小粒 16L
トチミグリーンサービス 焼軽石 小粒 16L

パーライト

パーライト
パーライト

パーライトは、珪藻土、真珠岩を高熱処理したものです。砂利系の配合土をつくるときの、混ぜ込み材料に使います。土壌改良によく、水持ちがよくなり、多孔質で軽いので使い勝手がいいです。
ほんの少し(1割程度)混ぜて使います。

パーライトには黒曜石、真珠岩の2種類があり、食虫植物には真珠岩パーライトを使います。物によっては微塵がよく出るので、ふるいにかけたり、微塵を取り除いてから使う方がいいでしょう。

瀬戸ヶ原花苑 パーライト 3L
ポイント 土壌改良材です 真珠岩を高温で発泡させたもので、多孔質な構造を持ちます 非常に軽いため、ハンギング用などの培土の軽量化に役立ちます 土の通気性、排水性が向上するため根の酸素不足を防ぎ、成長が良くなります 多孔質な構造を活かし、乾燥時には保湿効果もあります 水分条件が急激に変化しやすい鉢植えなどでは安定した湿度...

バーミキュライト

バーミキュライト
バーミュキュライト

バーミキュライトは鉱物を高熱処理したもので、園芸用土として広く使われています。
砂利系の配合土をつくるときの、混ぜ込み材料に使います。土壌改良によく、軽いので使い勝手がいいです。
使い方としては、ほんの少し(1割程度)混ぜて使います。また、種をまく時の土や葉挿し用の土にも使います。滅菌した瓶に播種する時の培養土にも使われることがあります。

瀬戸ヶ原花苑 バーミキュライト 3L
ポイント 蛭石を焼成し、膨張させたものでとても軽いです アコーディオン構造を持つため、水や肥料分を蓄えるので、保水性・保肥力に優れています 雑菌の心配が無いためさし木・種まきに最適です 軽く、水もちも良いので種まきの覆土にも使用できます 土壌改良材として、基本用土に混ぜて使う事も出来ます 非常に軽く、ベランダでのガーデ...

ゼオライト

ゼオライトは鉱物の一種で、沸石を主体とする珪酸塩鉱物をゼオライトといいます。砂利系の配合土をつくるときに、混ぜ込み材料に使います。ほんの少しだけ混ぜて使い、土壌改良、根腐れ防止になります。用いたところ、ハエトリグサの生育がよくなりました。

エーキューブ ファクトリー 特選ゼオライト 細目 2kg
水質浄化に効果的なゼオライトです。強力な吸着効果でアンモニアや硝酸塩・重金属など有害な物質を吸着除去し、生体へのダメージを防ぎます。ゼオライトは、立体網目構造を持ち、その中に物質を取り込む能力があります。この特性を利用して、水槽内に存在する不純物等を取り込み、水質浄化の働きをしてくれます。

日向土(ひゅうがつち)

宮崎県日向地方で産出される、弱酸性の軽石です。砂利系の配合土をつくるときの、混ぜ込み材料に使います。

鹿沼土に比べて硬く、水に浸かっても崩れにくいことから鉢底石としても使えます。また、種をまく時の土や葉挿し用の土にも使い勝手がいいです。

平和 日向土 細粒 14リットル
特徴: 宮崎県近辺で採掘される軽石。別名ぼら土(ボラ土)。洋ラン等の用土に使用する。 通気性と排水性に優れるとともに若干の保水力を持っている。 ●適用植物:洋蘭・寒蘭・東洋蘭・オモト等

富士砂(ふじずな)

砂利系の配合土をつくるときの、混ぜ込み材料に使ったり、その美しい色合いから細粒を用土の表面を覆い化粧砂に使ったりします。

大宮グリーンサービス プレミアムソイル 富士砂 2L
プレミアムソイル 富士砂 2L 富士山の自然砂 山草や盆栽に最適
翔美苑 富士砂 フジスナ 細粒 盆栽 苔玉 テラリウム などに (500ml)
:黒色の火山砂礫です。多孔質で保水性、排水性ともにすぐれています。また他の用土に混入して用いると用土の固まるのを防ぐことができます。山草、東洋ランなどにおすすめです。

くん炭

籾殻くん炭
くん炭

砂利系の配合土をつくるときの混ぜ込み材料に使ったりします。パーライトやゼオライトのように、ほんの少しだけ(1割〜0.5割程度)混ぜます。そのため購入時に、余程鉢数が多いのでなければ容量もそれほど要りません。

平和 くん炭(DIYシリーズ) 2リットル
特徴: 稲の籾殻を蒸し焼きにして炭化させたもの。多孔質で土の通気性を改善したり、有用微生物の繁殖を促す効果がある。土に混ぜることで、植物の根張りを良くする効果もある。少量だけ必要な際に便利な2L袋。

食虫植物の土(配合土)

食虫植物の土

用土の配合は慣れるまで割合が難しく、少しだけ植え替えたい時に、何種類もの土を買い揃え、用意するのは大変だと思います。

木谷美咲監修、プロトリーフより販売されている「食虫植物の土」でしたら既に用土がちょうどいいバランスで配合された状態で販売されているので、初めて植え替える方や忙しい方に特におすすめです。

食虫植物の土
プロトリーフ 培養土 食虫植物の土 0.6L
商品紹介 代表的な食虫植物(ハエトリソウ・ウツボカズラ・サラセニア等)を育てるための専用土です。食虫植物研究家・木谷美咲氏監修で酸性土壌を好む食虫植物のためにブレンドした、鹿沼土、ピートモスを主体とした配合です。食虫植物の植え替え時期は冬が最適です。4号鉢1個分の使い切りやすい容量です。 原材料・成分 鹿沼土

食虫植物の植え替えに向く鉢

食虫植物を植える鉢はプラスチック鉢、素焼き鉢、駄温鉢(だおんばち)、陶器鉢などを使います。色々使ってみた結果、プラスチック鉢が管理の点、持ち運びの楽さから使い勝手がいいと思いました。観賞には陶器鉢も素敵です。

プラスチック鉢を使う場合はスリットがある鉢がいいです。色は黒か深緑色のもの。深鉢は根が張る場合にも対応でき、鉢内の温度が急に上昇しないのでダメージが少ないです。

ハエトリソウ、モウセンゴケの仲間の場合は3〜4号鉢。
株の大きさにもよりますがサラセニアは4号〜5合鉢くらいが目安になります。

EGスリット!!鉢 7.5cm 黒 ロングタイプ 10個セット EG-75L
スリット鉢の角型ロングタイプ7.5cmの10個セットです。色は黒です。サイズは対角線で8cmで横は外寸6.3cmx6.3cmx高さ9cm、(底径は対角線で5.8cmで横で4.3cmx4.2cm)です。容量は0.18Lになります。
スリット鉢 プラ鉢 6cm モスグリーン 10個
スリット鉢6cmです。 色はモスグリーンです。 サイズは6cmx高さ5.5cmです。

食虫植物を植え替えるのにあると便利な園芸グッズ

食虫植物に限らず、これまで植物の植え替えをした時にあると便利だった園芸グッズをご紹介します。以下のものを用意しておくと植え替え時にスムーズかつ効率的に植え替えすることができます。

・土入れ

・ピンセット

・園芸ハサミ

・トレイ

・菜箸

・手ろくろ

・鉢底網

・園芸ラベル

・マスク

これらの園芸グッズについて詳細を解説していきます。

土入れ

苗や鉢植えの土を鉢に入れるための道具です。小さなスプーンやスコップでもいいのですが、食虫植物を育てるのに適した鉢は1.5号から4号の小さい物が多く、砂利系の用土を入れる時に、土入れを使うとスムーズに植え替えを行うことができます。

土入れはプラスチック、ステンレスの両方を使っていましたが、ステンレス製が断然使いやすかったです。大きさは三点セットで販売されていることが多く、一番細いサイズをよく使っています。

冨永工業 土入れ 大/径約83×高さ170mm 中/径約70×高さ174mm 小/径約55×167mm 33511 ステンレス 3ツ組
冨永工業 土入れ 大/径約83×高さ170mm 中/径約70×高さ174mm 小/径約55×167mm 33511 ステンレス 3ツ組

ピンセット

ピンセット

枯れ込んだり、痛んだ葉、古い根を取り除くのにピンセットが使い勝手がいいです。用土の表面が荒れている時に直したり、生水苔を株元に置くときにも活躍します。

ピンセットはいろいろなタイプがありますが、ルーチェ型のピンセットが使いやすかったです。菌やウイルスがうつってしまわないように消毒して使います。

TRUSCO(トラスコ) 高精度ステンレス製ピンセット 170mm ルーチェ型 TSP-81
●多種多様の小物を保持。●先端精度に優れ、サビを嫌う作業に最適です。

園芸ハサミ

園芸ハサミ

枯れ込んだり、痛んだ葉、古い根を取り除くのに使います。

ピンセットだと他の葉まで傷めてしまったり、株にダメージがありそうな繊細な部分を切ったり、枯れ込んだ葉を切るのに便利です。ピンセット同様に消毒して使います。

浅香工業 ガーデン鋏 金象 190606 本体: 奥行20cm 本体: 高さ2cm 本体: 幅8cm
手になじみやすいグリップを採用した、園芸、野菜の収穫、クラフトなどのステンレス万能鋏。・刃部にステンレス刃物鋼を使用し熱処理を施していますので、耐磨耗性、切れ味に優れています。・ステンレスは手入れが容易で屋外で使用する刃物ツールには最適な素材です。・刃渡り60mmのロング刃タイプは一回の切断長が長く、園芸~料理、クラフ...

トレイ

新しい用土を入れておくのに使います。砂利系の用土を配合したり、水苔を水で戻すのにも使います。

00均のお店で売っているプラスチックの書類を入れる長方形である程度深さがあるトレイが使いやすいです。プラスチックのボウルでも大丈夫。トレイは食虫植物の鉢を入れておき、腰水で栽培するのにも便利です。

菜箸

砂利系の用土をスムーズに根の周り、鉢の底の方に落とすのに使います。また、ナメクジやヨトウムシなど、食虫植物を食害する虫を捕まえるのにも使えます。もちろん割り箸でも代用できますが、菜箸の方が使いやすかったです。

手ろくろ(手回しろくろ)

他の方から教わったのですが、陶芸の器を作るのに使うろくろを植物の植え替えに流用します。ろくろは360度回転するため、鉢を置いたまま360度回せるのがとても便利。植え替えの作業がグンと捗ります。

手回しろくろ R180-47 径180mm×高47mm
成形・絵付け・釉掛けなどの際に、作品の向きを変え作業するための必需品です。 重量・・・2.3kg ベアリング1個入り

鉢底網

スリット型の鉢には使わないのですが、素焼き鉢や陶器の鉢で鉢底に大きな鉢底穴が空いている場合は、鉢底網を穴の大きさより少し大きいくらいに、ハサミでカットして使います。

植え替える先の新しい鉢の鉢底穴にあらかじめ敷いておきます。

ガーデンフレンズ 鉢底アミ 20x30cm 6枚入 N-6
ガーデンフレンズ 鉢底アミ 20x30cm 6枚入 N-6

園芸ラベル

園芸ラベル

食虫植物の学名を書いて鉢の土の端に挿します。人によっては入手先や入手日、植え替え日、管理番号を書くこともあります。

ヤマト フラワーラベル(100枚入) 7.5CM
●業務用園芸フラワーラベル。●【用途】●園芸用 ラベル。●【機能・特徴】●植物の名前を書き、プランター等に挿しておくだけのお手軽ラベルです。●様々なサイズをご用意しているので、用途に合わせてお使い頂けます。●【仕様】●100枚入。●色:白。●【材質】●塩化ビニール。●【商品サイズ】幅14×高さ75×奥行1mm 重量1g...

マスク

食虫植物の植え替えをするときに、細かな微塵や粉塵を吸ってしまって喉の調子をしばらく悪くしてしまったことがありました。それ以来、植え替えの時にはマスクを必ずするようにしています。コロナ禍からはマスクをする機会が増えましたが、植え替え時には必ずマスクをしています。

(日本製 PM2.5対応)超立体マスク かぜ・花粉用 ふつうサイズ 50枚入(unicharm)
●「スキマを作らず、強力遮断! 」毎日使える大容量タイプの50枚入りです。 ●三層構造フィルタと全面フィット構造で「スキマを作らず、強力遮断! 」 ●三層構造の高密度フィルタでウイルス飛沫・花粉をブロックします。 ●超立体構造でぴったりフィット。 ●やわらかく、幅が広い不織布耳かけで長時間使用しても耳が痛くなりません。...

食虫植物の植え替えに使う園芸用土・園芸用品を販売している場所

・園芸資材を販売しているオンラインショップ

・ホームセンター

・園芸店

以上の場所で買うことができます。ただし、まとめ買いすると重くて、持ち運びに難儀することもあります。持ち運びの楽さを考えても、オンラインでの購入、もしくは重量の軽い水苔、用土が既に配合されている食虫植物の土はオススメです。

食虫植物の植え替えを振り返り

これまで食虫植物や他の植物を上手に栽培する方々に多く会いましたが、栽培が上手い方に必ず共通していたのが「植え替えが上手」「植え替えがこの上なく好き」ということでした。今からもう10年以上も前の話ですが、ある有名な栽培家の方は「植物の植え替えだけして暮らしていたい」と語っていました。

また、ある方は「植え替え時が総決算」ともいい、これまでの栽培がうまくいっていたかわかるとのことでした。

残念ながら、私は植え替えがそれほど好きではありません。しかし、下手ながらも植え替えをし終え、植え替え後に調子がよくなるのを見ると嬉しい気持ちになりました。これから園芸、そして食虫植物栽培を始める方の参考に少しでもなれば幸いです。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました