かんたん【食虫植物】サラセニアの植え替え

サラセニアを買ってきたはいいけど、植え替えをどうしよう?

はじめてだけど、サラセニアを植え替えしてみたい。

そう思っている方に向けて、サラセニアの植え替え方法を写真付きで紹介します。

用意するもの

・新しい鉢

・新しい土

・土入れ

・鉢底石

以上をご用意ください。

植え替え用の鉢は、元の株の大きさにもよりますが、4〜5号鉢であれば、だいたい大丈夫です。
素焼き鉢、テラコッタ、いろいろな鉢はありますが、扱いやすいのでプラスチック鉢がおすすめです。

新しい土は、乾燥水苔、(鹿沼土+ピートモス+軽石+ベラボン)などの園芸用の混合用土がおすすめです。
鹿沼土を主体で、ピートモス、ベラボン、軽石を混ぜます。
いずれもホームセンターや園芸店の用土売り場に売っています。
自分で配合するのがたいへんという場合には、市販の食虫植物用の土をおすすめします。
乾燥水苔は使う前に、水で戻します。戻るまで、やや時間がかかるので、植え替えの前に
戻しておくといいです。

乾燥水苔
水で戻した水苔
食虫植物の土
食虫植物の土の中身

植え替えをする時に、園芸用の土入れがあると便利です。
土入れはステンレス製とプラスチック製がありますが、ステンレスがあると便利です。
このほかに、ピンセット、園芸バサミもあると、枯葉をのぞけるので便利です。
両方とも、よく消毒してね。

鉢底石は、鉢底石として売られているものを使います。
以前、鹿沼土の中粒を使いましたが、用土を常に湿らせるので、くずれやすいです。
軽石、日向土も良いようです。

植え替えの時期

植え替えの時期は休眠期の1〜3月くらいがよいでしょう。
(サラセニアは、気温が低くなる冬の間に成長が遅くなり、休眠します)
ただし、用土が傷んだり、腐って嫌な臭いがする時は、季節よりも植え替えを優先して行います。

サラセニアの植え替え方法(写真付き)

植え替える先の鉢を用意します。スリット鉢だと、
鉢底ネットで鉢穴をふさがなくてもいいので楽チンです。

鉢底に深さ四分の一くらいに鉢底石をしきます。
腰水で育てる時も、鉢底石が水に触れる部分になるため、
鉢底石よりも上の部分の土が傷みにくくなる効果があります。

植え替えるサラセニアの株を手に持ち、鉢から土ごとやさしく外します。

優しくゆすりながら出すと、土が崩壊せずに出やすいです。

よく鉢の底から、ミミズやダンゴムシ、ナメクジが出てくることがあるので注意!

古い土をやさしくとりのぞいていきます。
この時に根を傷めないように気をつけて。

古い土をとりのぞいたら、軽く根に水をかけ、根洗します。

ここまでやったら、土で植えていきます。

まずは、サラセニアの根の周りに水で戻した水苔を巻きつけます。

根を傷めないように軽くもちつつ、
片手で、鉢の上にちょうどいい高さで浮かせるようにしてもち、
間を埋めるように新しい土を入れていきます。
やや浅植えになるように、あまり深い位置には植え込みません。

全部入れ終えたら、根回りの水分を土に取られないように、
すぐに鉢の上からたっぷりと水をかけます。
※やや植え付けにくくなりますが、あらかじめ、あたらしい土に霧吹きで水をなじませておく手もあります。

鉢の上から土のすみずみまで水がいきわたり、鉢底から水が出てくるのを確認します。
水を流して、土の間のこまかなちり(微塵)を洗い流します。

植え替え終わったら、日当たりのよい屋外に置き、たっぷり水やりをして育てます。

植え替えの頻度

植え替えは毎年、もしくは2年に1回くらいの頻度で植え替えます。

冬の間に葉が枯れて、ダメになってしまったと思い、放置してしまう話も聞きますが、
冬の間に葉が枯れても、春になればまた新しい葉を出して、生長します。

観葉植物として個性的な魅力のあるサラセニア。
適切に植え替えをして、末長く一緒にくらしましょう。

新しい鉢に引越しすると、気分がいいぞ!

サラセニアに関する関連記事はこちらです。
こちらもあわせてチェックしてみてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です