意外にかわいい?【食虫植物の美しい花】5選

食虫植物といえば、虫を捕まえ、食べるために変化した葉の形が特徴的です。

そのため、食虫植物の花は葉の形ほどは知られていません。

ウツボカズラやハエトリグサの葉の形からして、花の形も個性的、もしくは地味なのでは?
と思われることもあります。

しかし、イメージをうらぎるように、食虫植物は美しい花やかわいい花を咲かせます。

意外にもかれんで美しい、食虫植物の中でも人気の花ベスト5をご紹介します。

ウサギゴケ

コケと名が付いているので、苔のなかまに思われがちですが
苔のなかまではなく、タヌキモのなかまです。

学名をUtricularia sandersonii(ウトリクラリア・サンダーソニー)といいます。

花の形がウサギの顔に見えることから、ウサギゴケの園芸名で流通しています。
ウサギがたくさん連なっているようで、とても可愛らしい花。

ひとつの花の大きさは1センチ弱くらししかありません。

ウサギににてる?? とても可憐です。

この花で虫を捕まえるわけではなく、地下茎に、半透明でごく小さな捕虫袋をつけ、
地中の微小な虫を捕まえています。虫を捕まえるところは、普段目にすることはできません。

クリオネミミカキグサ

ウサギゴケと同じタヌキモのなかまです。

花の形が海洋生物のクリオネに似ていることから、クリオネミミカキグサの名前がつけられ
流通しています。

学名をUtricularia.warburgii(ウトリクラリア・ワーブルギー)といいます。

海のいきもの クリオネ

よーく見ると似ているかも??

花の形のつくりが複雑で、かわいらしい花です。

プリムリフロラ・ローズ

©eiji nakamura
©eiji nakamura

ムシトリスミレのなかまは、スミレと名がつくように、美しい花を咲かせる種類が多いです。

中でも華やかで美しい花を咲かせるのが、この花。

pinguicula primuliflora(ピングィクラ・プリムリフロラ)の八重花で、
「ローズ」という品種名がついています。

とても華やかな花で、知らない人には食虫植物とは思われないかもしれません。

葉に生える腺毛から粘液を出して虫を捕まえます。

ドロセラ・システィフロラ

南アフリカ産のモウセンゴケのなかまです。

赤、白、クリーム、ピンク、赤紫と色の違いも多く、アネモネのような形の花が咲きます。

©eiji nakamura
©eiji nakamura
©eiji nakamura

日本では冬から春のはじめにかけて、花を咲かせます。

花の大きさは3〜4センチ。モウセンゴケのなかまのなかでも大輪で美しい花です。

姫足長ムシトリスミレ

ローズと同じく、ムシトリスミレのなかまで、姫足長ムシトリスミレといいます。

学名は、Pinguicula esseriana (ピングイクラ・エセリアナ)です。

メキシコ原産の小型のムシトリスミレで、淡いピンク色の可憐な花が咲きます。

繊細可憐で、はかない雰囲気があり、食虫植物のイメージからは遠いかもしれません。

まとめ

以上、美しい花を咲かせる食虫植物を5種類選びました。

ほかにも美しい花かわいい花が咲く種類はたくさんあり、観葉植物として葉だけではなく花も楽しめます。

ぜひ、育てて、美しい花をたくさん咲かせてくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です