食虫植物は英語でなんていう?

食虫植物のことを英語で何ていうのでしょうか。

使われるのはこの二つです。

・Carnivorous Plant

・Insectivorous Plant

Carnivorousは肉食性、食虫性という意味を持ち、カーニバルスと読みます。

Insectivorousもまた食虫性という意味を持ち、インセクティバルスと読みます。

どちらも食虫植物という意味で使われるのですが、二つを比べると、Carnivorous Plantsのほうがよく使われています。

Googleで、Carnivorous Plantを検索するとヒットするのは、19500,000件
Insectivorous Plantで検索してヒットするのは、1210,000件と大きく差があります。

では、実際どのように使われているのでしょうか。

Carnivorous Plantを名称に使っている食虫植物関係団体

食虫植物の関係団体のなかでも、もっとも大きいICPS(国際食虫植物学会)は、
International Carnivorous plant Societyの略で、Carnivorous plantを使っています。

また、食虫植物関連の洋書もCarnivorous plantと使うことが多く、
2013〜2014年に刊行されたAllen Lowrie氏の本も『Carnivorous plants of Australia Magnum Opus』
と、タイトルにCarnivorous plantsと使われています。

伝統のある「Insectivorous Plants」という呼称

一方で、Insectivorous Plantは、チャールズ・ダーウィンの本のタイトルになり、
伝統のある呼称です。

しかし、Insectivorousの語意は虫に限られています。
食虫植物は昆虫に限らず、節足動物、小動物も捕食するので、
包括的な意味をもつCarnivorousの方が、より食虫植物の実態に近いのではないでしょうか。

食虫植物の代表的な種類(属)は、英語では?

では、食虫植物の代表的な種類(属)は英語でなんていうのでしょうか。

食虫植物の各種類の学名(属名=ラテン語名)と英名を表にまとめてみました。

和名学名(または属名)英名
ハエトリグサDionaea muscipulaVenus Flytrap
ヘイシソウSarraceniatrumpet pitchers
North American pitcher plant
ウツボカズラNepenthesTropical pitcher plant
Monkey cup
モウセンゴケDroseraSundew
ムシトリスミレPinguiculaButterworts
タヌキモUtriculariaBladderworts
フクロユキノシタCephalotus follicularisAlbany pitcher plant
Western Australian pitcher plant
fly-catcher plant
イヌイシモチソウDrosophyllum lusitanicumDewy Pine
Portuguese sundew
ランチュウソウDarlingtonia californica Cobra Lily
Cobra plant
California pitcher plant

モウセンゴケ(ドロセラ)の英名Sundewは、太陽の露という意味を持ち、
詩的な呼ばれ方をしています。

ハエトリグサのVenus Flytrapも、ただのフライトラップだけではなく、
ヴィーナスが頭に付くところが文学的なひねりがあります。

ユニークなのがムシトリスミレのButterworts。葉っぱの表面が粘液で濡れ光ることから、
バター草と呼ばれたそうです。

ドロソフィルム(Drosophyllum lusitanicum
ダーリングトニア(Darlingtonia californica
の和名は使われることがありません。しかし、英名と比較すると、イメージの差が面白いです。

ダーリングトニアを日本ではランチュウにたとえ、英語ではコブラにたとえています。

まとめ

植物の名前は、その植物のイメージが濃縮し、結晶化したものです。

各種類(属)の英名、和名、学名を比べて、
なぜそういう名前がついたのか、由来やそこからわかるイメージの違いに
思いをはせると面白いですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です