吸い込み式のわなをもつ食虫植物を解説

食虫植物は、トラバサミのように獲物を挟み込んだり、
落とし穴を仕掛けて落ちた獲物を捕まえたり、粘りつく液体で獲物をからめとったりします。
さらには、吸い込むわなをもっている種類もあります。
果たして、どのように吸い込むのでしょうか。

ここでは吸い込み式について解説していきます。

吸い込み式のわなをもつ食虫植物の種類

吸い込み式のわなをもつ食虫植物はタヌキモです。

タヌキモは吸い込み式のわなで虫を捕まえています。
どのように吸い込むのか、タヌキモのなかまの、ミミカキグサを例にとって見ていきましょう。

吸い込み式のわなの仕掛け(ミミカキグサ)

ミミカキグサは、まっすぐに伸びた細い茎の先に可憐な花を咲かせます。
ハエトリグサやウツボカズラとはかけはなれた外見で、
この姿の一体どこにわながあるのか探してしまいます。

それもそのはず、ミミカキグサの吸い込み式のわなは見えるところにはありませ

わなは地面の中にあります。

ミミカキグサは地中に茎を伸ばし、茎のところどころに、ごく小さな半透明の袋をつけます。

袋の入り口にはドアが付いていて、いつもは閉じています。
このドアにはトゲが生えていて、そこに虫が触れると、ドアが内側に開き、
水と一緒に虫を吸い込んで捕まえます。

袋で虫を吸い込んで捕まえた後は、袋の中から出る消化液で消化し、
吸収して自身の栄養にしてしまいます。

この袋のことを捕虫嚢(ほちゅうのう)と呼びます。

吸い込み式のわなをもつ食虫植物は、このような方法で、虫を捕まえています。

その他のわなのページも、チェックしてみてくださいね。


はさみこみ式
落とし穴式
粘りつけ式
もんどり式

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です